ローソンのロカボ商品7種類を購入&実食レビュー!

ローソンのロカボ9品

糖質制限が騒がれている。炭水化物を減らしてダイエット、さらには健康になろうという運動(?)だ。ロカボなんて言い方もされている。これだけ話題になるとコンビニだって静観しているはずはなく、各社こぞって糖質制限のアイテムを投入している。

そんな中、もっともロカボ商品に力を入れているのがローソンだ。ナチュラルローソンだの何だの、他のコンビニでは見られないような力の入れ具合らしい。そこで、ふらっとローソンに立ち寄って買い込んできた糖質制限によさそうな商品たちをレビューしていこう。

ローソンのロカボはすごいぞ!

ローソン

SAVE ONが閉店し、LAWSONに生まれ変わった店舗。まだ真新しい。

実は、私はセブンイレブンやファミマに比べるとローソンには普段あまり行かない。家の近くにないのだ。だからあまりローソンの品揃えについては知らなかったのだが、今回行ってみてびっくりした。なんとまあ、糖質制限の商品に力を入れていることか!

お菓子コーナーの一角にはナチュラルローソンの棚があり、そこには見慣れない商品がずらり。ちょっと無印良品っぽいパッケージの、ちょっと変わったお菓子が並んでいる。さらに、ドリンクやスイーツのところにもちょいちょい糖質制限を唄った商品があって、完全にこれは予想以上だった。ローソンを舐めていた。

結局、画像のようにいろいろな商品を購入してきたので、以下、このうち7つをレビューしていこう。気に入った順、美味しい順に書いていくので、ここからランキングとなっているとお考えください。

1)京挽ききなこくるみ

京挽ききな粉くるみ

いちばん美味しかったのはこれだ。くるみをきな粉でコーティングしたお菓子。あまり食べる機会がないとはいえ、味もよく、オメガ3脂肪酸やビタミンが豊富に含まれるというくるみ。そこへ和風の甘いきな粉と砂糖がまぶされているという変わった一品。

これは食べた瞬間思わず顔がほころぶほど美味しかった。くるみの食感もいいし、きな粉の風味がたまらない。とてもコンビニで買ったとは思えないお菓子だ。小皿に盛って「京都の老舗で買った和菓子です」と言い添えて出せば100人中85人くらいは騙せそうである。

きな粉の裏

袋を開ける前から猫が興味を示すほど、美味しいものオーラが出ている一品だ。カロリーは1袋で217kcalなのでそう多くはない。

基本情報
  • 食物繊維 2.5g
  • カロリー 217kcal
  • 値段 198円

2)からあげクン・レッド

からあげクンレッド

ベタなチョイスだけれども、やっぱりからあげクンは美味しかった。肉がキュッと丸く詰まってて、衣は柔らかめ。一つのサイズも小さめだし、普通の唐揚げよりスナック感覚で食べられる。油を摂ってしまうしまうことになるが、糖質制限という観点でいえばおにぎりを食べるよりこっちのほうがいい。

ただし、このレッドは思ったより辛かった。私は辛いのも好きだから別にいいのだけれど、ちょっとでも辛いと無理、なんていう方はレギュラーにしておこう。

基本情報
  • 糖質 7.8g
  • カロリー 232kcal
  • 値段 216円

 

3)素焼きアーモンド

素焼きアーモンド

これはナチュラルローソンではなく、ローソンセレクトというシリーズだった。どう区別しているのかわからないが、これはアーモンドを素焼きしただけ、食塩さえ使っていないものだ。アーモンドは天然のサプリメントと言われるほど栄養豊富。不飽和脂肪酸やらビタミン、ミネラル、食物繊維などなど、体にいいものばかり。

これまで他のコンビニのアーモンドは食べたことがあり、このローソンの素焼きアーモンドも同じようなものだろうと思っていた。が、1粒口に入れて噛んだら、おおっ、まったく違う! 美味しい! 妙に美味しい!

裏面を見てみたら、このアーモンドはアメリカからの輸入品で、ローソンと共立食品の共同開発と書かれてあった。アメリカがすごいのか、共立食品がすごいのかわからないが、とにかくこれはお勧めである。

基本情報
  • カロリー 251kcal
  • 値段 216円

 

4)ブランのバタースティック〜ほんのり甘いデニッシュ〜

ブランのバタースティック

これは普通に美味しかった。デニッシュの層になった生地は歯ごたえよく、中には程よい甘さのバターが入っている。ブランの風味はあるが、それもまたアクセントになっていていい。2本で266kcalということは、菓子パンとしてはかなり低いが、それなりに満足感が得られる。

ちょっと小腹が空いた時でも、これなら罪悪感なく食べることができそうだ。女の子も好きそうである。

基本情報
  • 糖質 8.6g
  • カロリー 266kcal
  • 値段 120円

 

5)ブランのバウムクーヘン

ブランのバームクーヘン

これも米ブランを使ったお菓子。普通のバウムクーヘンに比べるとぎゅっと密度が高くて、でも甘さは控えめ、といった感じ。普通のバウムクーヘンはむしろ甘すぎるくらいだから、これくらいでちょうどいい。カロリーもまあまあ控えめだ。

けれど、サイズがやや小さいし甘さ控えめなので、人によっては物足りなく感じるかもしれない。

基本情報
  • 糖質 7.6g
  • カロリー 173kcal
  • 値段 160円

 

6)Tarami ナタデココどっさり グレープフルーツ味

Tarami ナタデココ

蓋を見る限り、どれが商品名かわからない。糖質&カロリー0が商品名なのだろうか? わからないが、とにかくこれは美味しかった。糖質とカロリーがゼロなのにちゃんとグレープフルーツの甘さがあったし、何よりナタデココがこれでもかというくらい入っていてうまい。

ナタデココはバブル時代に流行った一発屋みたいな言われ方をしたりするが、なんのなんの、まだまだ現役だし、美味しい。この食感は本当にたまらない。なお、スプーンはデザート用ではなく、カレーとかを食べるような大きいやつをつけてもらおう。

しかし、ちゃんと甘さもあってこれだけの量である、カロリーが0kcalというのはちと怪しい。まあでも、ほぼ0なのだろうから、深く追求はしないでおいてやろう。

基本情報
  • 糖質 0g
  • カロリー 0kcal
  • 値段 200円

 

7)KAGOME GREENS ベリーアサイースムージー

ベリーアサイースムージー

可もなく不可もなし。まあ、悪くない味だった。けれど、思ったよりも薄い。色は濃いのに、味が薄い。そこで肩透かしを食らった感じがある。無添加ならこんなものかとも思うが、私はここ数ヶ月、カゴメのつぶより野菜という通販限定の野菜ジュースを飲んでおり、そのイメージがあったために、少しがっかりしてしまった。

あえてこれを買うことはないかな。

その他ランク外の商品について

以上の7品の他にあと2つ買っていたのだが、その2つはイマイチだった。1つは有名なブランパン。割と高評価をしているYouTuberの方もいたが、私はあまり美味しいと思えなかった。不味くはないが、あえてこれを食べようとは思わない。食べるタイミングがわからない。

あと1つはこんにゃくチップスのりしお風味。これはどこがこんにゃくなのかわからないし、量も少なくて、満足感はゼロ。ただただ青海苔の風味がしただけだった。これを食べるならいっそ普通のポテトを食べてしまった方がいいのではないか。

こんにゃくチップス

中身は8枚ほどで、食べ応えはまるでない。すぐに棚から消えそうだ……。

最後に

中にはちょっと期待外れなものもあったが、概ね味もよく、工夫があってどれもよかった。よく考えて作っているなと感心する。ぶっちゃけローソンはセブンやファミマに比べて劣っているイメージを持っていたのだが、今回の調査によってそのマイナスイメージは吹き飛んだ。むしろ、今後はできるだけローソンを利用したいと思う。

京挽ききなこくるみ。これは神々の食べ物といってもいいくらいのものなので、ぜひ一度買って食べてみてほしい。