セブンイレブンのネットプリントを使ってみた|後半は愚痴です

セブンイレブンの模型

先月、実家を出てシェアハウスに引っ越したとき、私はプリンターを持ってこなかったな。ある方が便利なのは分かっていたのだが、そこそこ荷物になるし、スペースを食う。たまにしか使わないから、もういいだろうと、私はあいつに見切りを付けたのだった。

じゃあ、もし何か書類をプリントアウトしたいときにはどうしようと思ったのかというと、それはセブンイレブンのネットプリント頼み。本日、初めて使ってみたので、そのやり方をお伝えしよう。

僕らにはセブンイレブンのネットプリントがある

プリンターってのは厄介な存在だ。微妙な道具だ。たまにしか使わないのに、常に部屋のスペースを必要とする。ちょっと重いし、インテリアとしては不恰好。何とかこいつとは、縁を切りたいと思っていた。

というわけで、先月引っ越しをするときに決別。あいつは実家の一室に、ダンボールに入れて置いてきた。これからはシェアハウス暮らしが始まる。プリンターだって、シェアの精神で利用しよう。

全国各地のセブンイレブンにはでっかい業務用のハイテクなプリンターが設置されているが、あれは単なるコピー機ではない。まさに、ネットプリンターなのだ。

セブンのプリンターでできること

セブンイレブンのプリンター(正式にはマルチコピーというらしい)では、こんなことができる。

  • コピー
  • PCやスマホの中のデータをプリント
  • スキャン
  • ファックス
  • チケットの購入や各種試験などの申し込み
  • nanacoでの支払い

もちろん、ここでの主題は2番目のプリントだ。

USBメモリーやWi-Fi通信でもできるらしいが、ここではスマホ・ユーザーにいちばん使いやすいであろうネットプリントをご紹介する。ステップを追って。

ネットプリントの使い方|3ステップ

右下の方にご注目。コピー機と、おなじみの7elevenのマークがある。

1)スマホ・アプリのnetprintをダウンロード

まずはnetprintというアプリをスマホにダウンロードする。私はiPhoneユーザーなので、App Storeで「netprint」と検索してダウンロード

アプリの利用を開始するには、ユーザー名の登録とパスワードの設定が必要だ。これが少々めんどくさいが、やっておこう。

なお、このnetprintというアプリ、使い勝手はあまりよくない。設定画面はスマホ画面に対応しておらず、文字が妙に小さい。そのため、評価も5段階評価で1.9だ。改善してほしいが、とりあえず我慢して使おう。

2)PCからスマホへファイルを移す

ここは利用者によって違うところだろうが、私の場合はパソコン(iMac)からスマホ(iPhone6)へプリントしたいPDFファイルを移した。Apple製品だとAirDropという無線通信が使えるので便利

AirDropでファイルをパソコンからスマホへ移した場合、即座にスマホ画面に「netprint」が対応アプリとして表示されるようになるから、ここも便利だ。

netprint3

で、netprintをそのまま起動すると、「予約番号一覧」という画面になる。ここで、「予約番号:受付中」となり「おやっ?」と思うのだが、数秒待ってから右上のリロードを押すと英数字まじりの予約番号が表示される。

ここで、目的のファイルはnetprintのクラウドに保存されたわけだ。あとは、近くのセブンイレブンへゴー。お金も忘れずに。

3)マルチコピーを操作してプリントアウト

あのでっかいコピー機というかプリンターへ行き、画面を操作。左側、上から2つ目の「プリント」を押す。次に「ネットプリント」を選択。

このへんは公式ページに詳しいので、ざっと見ておくといい。

基本的には簡単だが、2つだけ注意点を挙げておきたい。

1つ目。まず、プリント予約番号を入力するとき、デフォルトだとアルファベットの配置がABC順になってて入力しづらい。左下あたりの「PCキーボード配列」を押すべし。

2つ目。次に画面に移ると、今度はデフォルトがカラーコピーの設定になっている。このままだと1枚60円という高額料金を取られてしまう。白黒の書類なら、「カラーモード」をいじってちゃんと白黒にしよう。これなら1枚20円だ(それでも安くはないが)。

さて、これでもう、目的のファイルはプリントアウトされて出てくる。結局、セブンの店舗に行ってからはスマホの操作は必要ない。予約受付番号を確認するだけである。それだけ分かっていれば、別にスマホを持参する必要さえないということだ。

ネットプリントは便利だった

このようにして、私は目的のPDFファイルをセブンで見事プリントアウトすることに成功した。簡単なものだった。やはり、たまに使うだけなら自宅用のプリンターなどもう必要ない。

アプリの登録だけ少々めんどうだったが、それさえ済めばあとは簡単にストレスなくプリントアウトまで行ったので、たまにしかプリンターを使わないという人にはとってもいいサービスだ。

ネットプリントはPC用サイトからも使える

いま気づいたのだが、PCでデータを取得したのなら、別にスマホのアプリを利用する必要はなかった。ちゃんとPC用のnetprintのサイトというのがあって、それを利用すればOKだった。

netprintのPC版画面

今度からは、これを利用することにします。

セブンのネットプリントのQ&A

以上、私がやった通りの流れでセブンのネットプリントについて解説してみたが、他にもいろんな疑問点があるだろう。補足的に解説していこう。

ネットプリントの料金を教えてください。

まとめるとこうだ。

ネットプリントの値段

白黒 20円
カラー 60円
A3サイズのカラー 100円

普通の白黒コピーは1枚10円なので、1枚20円はちょっと割高に感じる。

スマホで撮影した写真はプリントアウトできますか?

できる。公式サイトでは「netprint 写真かんたんプリント」というアプリが紹介されているが、上で私が今回使った普通の「netprint」でもできるようだ。

このへんの使い分けはよくわからない。とにかく、netprintでも、スマホで撮影した写真をプリントすることは可能。

スマホ内のデータをnetprintでクラウド保存するのではなく、Wi-Fi通信でプリントすることはできますか?

できる。その場合はnetprintではなく、「セブン-イレブン マルチコピー」というアプリをダウンロードして使えばいい。こちらなら……

マルチコピーの値段

白黒 10円
カラー 50円
A3のカラー 80円

んっ? おい、ちょっと待て。待ってくれ。ネットプリントの半額じゃないか。あれ……私は何をしていたのだろう? こっちの方がよかったじゃないか。てっきり同じ値段だと……こ、これはいったいっ!?

混在する3つのプリントサービス

やれやれ

もう、どうなってんのよ……

Q&Aを書いていたら、とんでもないことに気づいてしまった。別に、netprintなど利用せずとも、セブン-イレブン マルチコピーというものを利用すれば、Wi-Fiでスマホ内のデータをプリントできたし、その方が安く済んだのだ。

よく調べなかったせいで、100円近い損害を被ってしまった。

だが、こうなるとますますセブンのプリントサービスがよくわからなくなってくる。ちょっと整理しよう。まず現状、セブンイレブンには3つの似たプリントサービスがある。

1)セブン-イレブン マルチコピー

これはスマホ内のデータを、Wi-Fiを使ってコピー機へ送信し、プリントアウトできるもの。料金が安い。なお、クラウドを利用しないため、PCのデータを出力することはできない。

2)netprint

これは上で解説した通り。クラウドにスマホやPCのデータを保存し、あとは予約受付番号さえ控えておけばプリントアウトできる。

3)netprint 写真かんたんプリント

これは写真に特化したアプリということらしい。扱えるファイルはJPEGとPNGのみ。ただし、これはユーザー登録なしで利用できる

にしても、3つも同種のものが並存しているというのはわかりづらい。netprintでも写真はプリントできるのだから3つ目の存在意義が薄いし、1と2の住み分けが……。

よくよく考えると、2のnetprintはPCのみでも利用できるので、スマホがなくても使える。そこがメリットかもしれない。だが、netprintはスマホ用アプリもある。なんならスマホ用アプリの方がプッシュされている。なのに、1を使えばもっと安くプリントできるのだ。

netprintは使うな! マルチコピーの方がいい!

この記事を書き始めたとき、私はnetprintを褒めるつもりでいた。おすすめしようと思った。だが、やめた。セブンのネットプリントは使わない方がいい。存在意義がよくわからない。

マルチコピーを使えば白黒もカラーも安いし、たとえばiMacとiPhoneはもはや一心同体かのようにデスクトップファイルなどを共有しているので、いちいちAirDropでファイルを移動させずとも、iPhoneさえあれば、iMac内のファイルがプリントアウト可能だ。

netprintの唯一の長所はスマホを介さなくてもいいということと、若干操作が楽かな、ということくらい。めだった利用価値はない。

というわけで、セブンでプリントをするなら、「セブン-イレブン マルチコピー」というアプリをダウンロードし、これを使うように。

もっと愚痴を言わせろ

「セブンのコピー機を使えば、PCやスマホのデータがプリントできるらしい」

こんなざっくりした知識から出発して、実際にアプリを利用し、プリントアウトには成功した。だが、netprintという最初に目についたアプリは実は不要だし、料金が高いことを発見。マルチコピーというものでいいとわかった。

私の下調べ不足は否めないが、それにしても、同じようなサービス・アプリが3種類も並存している状態はわかりづらい。「なんかよくわからん」となる。それぞれ特徴があればいいのだが、機能面の棲み分けができていないので、ますますわからない。

ここで私なりに整理しておくと……

セブン-イレブン マルチコピー スマホの写真・文書をコピーするのにまっさきに利用すべき
netprint スマホは持っておらず、PCのデータをプリントしたい人のみ利用すべき
netprint 写真かんたんプリント ???

このようになる。ほぼ、1つ目以外の存在理由がわからない。

というわけで、これをご覧になった方はスマートに利用できそうなネットプリントではなく、まずはマルチコピーの方を検討していただきたい。それでもネットプリントの方に何らかメリットをお感じになったら、はじめてそちらを使われるといい。

 

netprintのメリットを突き止めた

二転三転して申し訳ない。たった今、ツイッターで「ネットプリント」と検索してみて、ようやくnetprintの大きなメリットに気づいた。それは、だれかが一度登録すると、予約受付番号だけでだれでも同じデータをプリントアウトできるということ

ツイッターで調べてみると、たとえばイラストを描いてる人、同人活動をしている人が自分の絵をネットプリントに登録し、その予約受付番号をさらす。すると、だれでもその人のイラストをセブンイレブンできれいな紙に印刷できるというわけだ。

たしかに、いちいちPDFなどのデータをアップし、それをみんながスマホに取り込んで、それでプリントアウト……とやるよりはるかに便利。

というわけで、こういう使い方は全然ありだ。同じデータをだれでもプリントアウトできるようにしたい人には、netprintはおすすめである。