Parallels DesktopでWindows10を使ってみたレビュー【SIRIUSも動くよ】

Mac上のwindows画面

先日、パソコンを買い換える必要に迫られ、iMacを買った。2017年最新型だ。21.5インチの小さい方。画面はRetina 4K。メモリは8GBから16GBに増やし、ストレージは1TBのフュージョンドライブにした。これで生涯5代目のMacとなる。

そんなMac党、Apple信者の私だが、どうしてもWindowsも使う必要がある。これは絶対だ。とあるアプリが使用できないと、まったくもって仕事にならない。だから、MacもWindowsも使えなければいけないわけだ。

今回は、そんな私のわがままを叶えてくれるParallels Desktopという素敵なソフトをご紹介しよう。

MacでWindowsOSを使う2つの方法

Mac派か、Windows派か、そんな窮屈な二者択一で悩む時代は終わった。とうの昔に。現代では、MacのパソコンでWindowsを使うことは至極容易なのである。その方法には2種類ある。

  • Boot Camp
  • Parallels Desktop

この2つだ。

Boot CampというのはMacに標準で付いている機能で、ストレージを分割することより、macOSとは別の部分にWindowsOSを入れて使うことができる。もともとひとつだった土地を二つに分けて、それぞれにMac屋敷、Windows屋敷を建てるようなイメージだ。これにより、どちらのOSも同じひとつのパソコンで使えるようになる。

こないだまで私はMacBook AirでこのBoot Campを利用しており、かなり快適に使えていた。2013年製造のちょっと古めのものだったが、ほぼストレスなく使えていた。

ただし、2つのOSを切り替えるときは、一度再起動をしなければならない。2つの屋敷を行き来するには、一度玄関から外に出なければいけないように。また、ファイルも自動では共有されない。

一方、Parallels DesktopはmacOSの上でWindowsを動かすという方法である。

いわば、Mac屋敷の中にWindowsの部屋を作ってやる感じである。こちらはmacOSが起動した状態でWindowsがひとつのアプリのように動くので、いちいち再起動して切り替える必要はない。ファイルもスムーズに共有される。

ただし、こちらはMacに標準で付いているのではなく、別でソフトを購入する必要がある。

Parallels Desktopを購入してインストール

私がAmazonで購入したParallels Desktop 12 for Mac Retail Box JPがこちら。

ベコベコの箱

なんだか知らないが箱がボロボロだった。普通なら客に売ってはいけない代物である。ただまあ、大事なのは中に入っている紙だけで、もっと言えばその紙に書かれてるアクティベイトキーという情報だけあればいいので、目を瞑ることにした。

ちなみに、お値段は6,312円だった。参考価格は8,500円となっていたが、値引きされていた。

実際にParallelsのデータ自体はDVDやUSBではなく、オンラインでダウンロードするようになっている。紙に書かれていたURLにアクセスし、指示に従い、ダウンロードした。すぐに起動。Windows10を入れた。

Windows10は、以前Boot Campに入れていたもののライセンスがあったので、それを使用。ここはとってもスムーズだった。Boot Campをやったときはなかなかうまくパーティション分割ができなかったり、途中で強制再起動がかかったりしていたが、Parallels Desktopはとってもスムーズ。指示通り進むだけでWindows10の画面まで来れた。

だが、鈍臭い私はひとつのミスを犯すこととなってしまった。

Parallels Desktop 12? 13?

私が購入したのは、上に書いた通り、Parallelsのver.12だった。だが、実際にインストールしたParallelsを確認したところ、なんとそれは13だった! まさかの、もっと新しいバージョンとなっている。

Amazonでチェックしたところ、なんとver.13が8月25日に発売されていたのだ。うっかりである。

けど、もうインストールしちゃったし、Windowsも入れちゃってる。果たして最新の13が、12のアクティベイトキーでアクティベイトできるのか……? 恐る恐る長い英数字を入れてみたところ、ダメだった。

「おいおい、ParallelsとWindowsをまた消して、やり直しか?」

スムーズだったとは言え、同じことをもう一度やるのは気が引けた。

というわけで、もうParallels 13をこのまま使い続けることを決意。んが、12はもう買ってしまっている。どうしよう? しばらく考えた末、私はオンラインで13を改めて書い直すことにした。

なんだか無駄なことをしている気がしたが、Parallelsの公式サイトで最新の13を購入。クレジットカードにて支払いをした。っていうか、すべてオンラインで済むならAmazonでパッケージを買った意味は何だったのか? こういうところ、私にはよくわからない。

で、無事に13を8,500円で買って、アクティベイトすることができた。これで、体験版ではなく、正式な形でParallelsを使えるようにできたわけだ。

ひとつ問題が残ったのは、12の存在である。こいつは用なしとなってしまった。

というわけで、こいつは返品することに決定。指示通りのサイトにアクセスして勝手に13がダウンロードされ、それで使えなかったのだから、悪いのはコイツだ。そもそも箱が破れてボロボロだったのだから、返品には応じるはず。というわけで、返品。余計な手間だった。

余談
ちなみに、これで終わりならまだよかったのだが、後でメールをチェックしたら、Parallelsからこんなメールが届いていた。

「あなたが買った12は古いやつだけど、無料で13が使えるようなキーを送るから、これを使いなよ」

こんな趣旨だった。もっと早く、メールをチェックすべきであった。

Parallels Desktopの画面は摩訶不思議

さて、実際にmacOS Sierraの上に表示されたParallels Desktop、というかWindows10を見ていただこう。

Mac上のwindows画面

このように、Macの画面の中に、一つのウィンドウとしてWindowsのデスクトップ画面が表示されている。なんとも奇妙だ。どこでもドアをのぞいているような、時空の切れ目が出現したような、そんな光景である。この絵面には実にイマジネーションを掻き立てられる。

もちろん、見た目だけでなく、このWindowsは快適に使える。全画面表示にすればパッと見、もう普通のWindows機と同じだ。

さらに、これだけではなく、ParallelsにはCoherenceモードというものがある。Coherenceとは「一貫」とか「統一」という意味なのだが、なんとこのモードにすると、WindowsのアプリがあたかもMacのアプリかのように使用できるのだ!

coherenceモード

私はよくシリウス(SIRIUS)というサイト作成ソフトを使うのだが、というかこれを使うためにParallelsを買ったのだが、このWindows専用ソフトのシリウスも、このように、さもMacのアプリであるかのように表示されている。感動だ。

siriusがmacで動く

しかも、さらにすごいのは、Macのデスクトップから画像ファイルをドラッグ&ドロップしても、シリウスの記事中に入れられるというところ。ここまでシームレスに使えるとは思ってもみなかった。

また、テキストをコピーした時、MacとWindowsでどうなるのか不安だったが、コピーしたものはMacとWindows共通となる。つまり、Mac側でコピーしたものは、Windowsの画面でペーストできるし、その逆も可である。クリップボードが勝手に共有されているのだ。すごい。

Parallelsの弱点を暴露

以上のように期待以上の働きをしてくれたParallels Desktopであるが、しかし、弱点がまったくないわけではない。あくまでParallels Desktopは仮想環境であり、Macではないので、共通性がない部分もある。

例えば、CliborとClipyは満足に使えない。

CliborというのはWindows用のアプリで、コピーした履歴を何十個も残しておいたり、定型文を登録しておいてすぐに呼び出せるという死ぬほど便利な入力補助ツールである。このCliborは、Windowsで起動すればWindows内では使えるが、Macのアプリの入力には使用できない。

一方、ClipyはMac用の入力補助ツール。Cliborと似ており、これも複数コピーをしたり、定型文を登録して呼び出せる便利ツール。これは、一応Windowsの画面にしても使える。

ただし、呼び出したテキストを貼るときはcontrolキーを押しながらでないと、ちゃんと機能しない。そういう不便さはある。

やはり、さすがに入力補助ツールまでMacとWindowsでシームレスに使えるというわけにはいかないようだ。

また、意外にもネックとなったのは、リッチテキストだった。

Macにて、例えば私愛用のiText Expressでテキストを書く。それをリッチテキスト(.rtf)形式で保存する。これをWindowsで開こうとすると、メモ帳でもMERYでも開けないのだ。ワードパッドというもっさりしたワープロソフトでしか開けない。

なるべく軽く、エディタで作業をしたいので、これは残念だった。

Parallels Desktopに大満足

実際にインストールして使ってみるまで、実はかなり不安だった。macOS上で別のOSを動かすなんてのはなかなかパワーが必要だし、ちゃんと動かないんじゃないか。やっぱりどこか不具合が出るんじゃないか。カクカクしたりするんじゃないか。そんな心配をしていた。

だが、今現在、Parallelsには完全に満足している。

導入して数時間ほどは少し画面が乱れたりもしたのだが、メモリの割り当てを2GBから4GBに増やしたこともあってか、それもなくなった。何の問題もなく使えている。デスクトップのデータはリアルタイムで同期するし、クリップボードも共有されるし、Macのデスクトップからシリウスに画像をドラッグで取り込むこともでき、何も言うことはない。

ある程度の性能は必要かもしれないが、macOSでWindowsを動かしたいと言う方は、ぜひこのParallels Desktop 13を使って見て欲しい。おすすめだ。