たったこれだけ? 男性向け洋服レンタルの実情に驚愕!

ほぼ毎日、同じ洋服を着ている。下はユニクロのジーンズで、上は無印良品やどこで買ったか覚えていないパーカーだ。パーカーは3着持っており、それをローテーションしている。

しかし、これではいけない。もう少しくらい、おしゃれをしないと。きっと影ではこう言われているはずだ。「あのいつもパーカーの人」と。

そこで気になったのが洋服のレンタル・サービスである。長らくファッションに無関心でコーディネートのコの字もわからぬ私のような者は、自分で選ぶよりだれかに選んでもらった方がいい。

男性用の洋服レンタル・サービスは2つのみ

調べてみて、驚いた。なんと、男性向けの洋服レンタル・サービスはほぼ2つしかないのだ! leeap(リープ)とbemool(ビモール)の2つのみ

女性向けはたくさんある。EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)だの、airCloset(エアークローゼット)だの、Rcawaiiだの、充実してる。また、男性向けにネクタイなどを貸し出すFreshNeckや、時計レンタルのKARITOKEなんてのもある。

しかし、洋服のレンタルは現状、2つのみだった。

1)leeap/リープ


まっさきにヒットしたのはこのleeapだ。月に7,800円(税別)でトップス3枚、ズボン1枚を借りられる。あるいは13,800円のプランならジャケット1枚、トップス2枚、ズボン1枚にできる。

このサービスのみで毎日着回すことはできないが、すでに持っている服にちょっと変化をつけたり、ちょっとお洒落して出かけるのによさそうだ。値段も手頃。

この他、ポイントをまとめておこう。

チェック!
  • 返却時、クリーニングは不要
  • 返却期限なし
  • 送料無料
  • スタイリストがコーディネートを担当
  • LINEでスタイリストと相談

というわけで、だいぶ使い勝手はよさそう。ファッションに疎いと「もう詳しい人に選んで欲しい!」と思うが、スタイリストが選んでくれるのはありがたい。まっさきに試してみたいファッション・レンタルである。

2)bemool/ビモール

次に見つけたのがこのbemoolというサービス。けど、調べてみるとleeapよりbemoolの方が古く、男性向けの月額定額制のレンタル・ファッションとしてはこれが国内初だという。

この国内初のbemoolが2015年4月20日に始動ということなので、メンズのレンタル・ファッションはまだ現在も黎明期といっていいのかもしれない。サービスの数が少ないわけだ。

なんて話はいいとして、このbemoolの中身を見てみよう。

終了いたしました

……と思ったら、どうやら2018年現在、bemoolはすでにサービスが終了している模様!

よくよく見るとbemoolに関連する記事は2012年から2015年くらいまでしかなく、公式サイトへのリンクを踏むとサイトがない。消えてる。残念ながら、bemoolはとっくになくなっていたようである。

男性向け洋服レンタルは需要がないのか

考える男

というわけで、男性向けのレンタル・ファッションについて調べた結果、leeapしかないというちょっと哀しい結論に至った。私は興味を持ったからこそ調べてみたわけだが、世の中的にはあまりニーズがないのかもしれない。

うーん、他の人が選んでくれて、クリーニングも必要なく、月1万円以下の洋服レンタル、いいと思うのだけれどね。

ともあれ、leeapは今もサービスを提供中だ。月々7,800円という、上着一着より安いぐらいの価格で4枚の服を選んで送ってくれる。毎日、あるいは毎週末同じ服ばかり着ているというそこのあなた、ぜひこいつを利用してみてほしい。

30代男性はどこで服を買えばいいのか

ここからは完全に余談になるのだけれど、30代男性はどこで服を買えばいいのだろうか。それがあんまりわからない。

ユニクロやGAP、H&Mや無印良品で無難に揃えてしまうというのもひとつの手だが、こればかりだとどうにも安っぽい印象が拭えない。長身のハンサムな人なら何とかなるだろうけど。

通販はどうか? 最近はZOZOTOWNが人気だし話題。実は、私もゾゾスーツを注文した。あの、着るだけで全身のサイズを測ってくれて、それに合わせた服を購入できるというハイテクなやつだ。

しかし、注文してから3ヶ月以上、音沙汰がない。届く気配がない。というわけで、こいつは保留。

他にもSHOPLISTとかスプートニクとかメンズスタイルとか、通販はいろいろある。けど、私の考えが古いのか、「どうせ買うなら実店舗に行きたい」となる。フィットするかわからない服を、あえて通販で買う気になれない。交換可能だったとしても、受け取ったり送ったりがめんどくさい。

となると、ある程度上質なものがある実店舗で買おうとなる。そこで浮上してくるのはSHIPSとBEAMSである。GAPやZARAより高級感とおしゃれ感がだいぶ上だ。

そんなわけで、いまはSHIPSとBEAMSで外行きの服を買うことにしている。やや高いけれど、もうちょっと収入をアップさせて、気軽にこういうところで服を買えるようになりたい。それを目標に、がんばっている。

……えっと、何の話だったかな。本当に「余談」になってしまった。

まとめ

男性向けの洋服レンタルについて調べた結果、なんと今利用できるのはleeap(リープ)のみということが判明した。選択肢は少ないが、しかし月額7,800円で4枚、スタイリスト選定のものが送られてくるので、なかなかよさげなサービスだ。

洋服というのは何かと悩む要素が多く、ファッションセンスのない人間が高い服を買うと後悔することも多い。なので、まずはレンタルから試してみるというのもいいだろう。

メンズファッションレンタルサービスleeapはこちら