野菜の賞味期限一覧|一人暮らしビギナーのための野菜の取扱説明書

一人暮らしを始めて困るのが自炊である。最初は調理の仕方も食材も値段も、何もかもわからない。中でも私自身がよく悩んでいたのが野菜の賞味期限・消費期限である。いったい、野菜っていつまで食えるの? インスタント食品やお弁当には賞味期限が書かれているのに、野菜にはどこにも書かれていないのだ。

そこで、一人暮らしビギナー、自炊ビギナーのあなたのために、野菜の賞味期限を一覧にしてご紹介しよう。保存の仕方や使い方についての個人的なアドバイスも付記しておく。

野菜の賞味期限

まず確認しておくと、正確にいえば「野菜の賞味期限」というものはない。賞味期限とは、劣化のおそい食品、主に加工食品に表示されるものなので、野菜には表示を義務がない。なので、これは各々が判断しなければならない。

では、野菜ごとにどう違うのか、どのくらいもつのか、見ていこう。

じゃがいも

期限:2か月

カレーやシチューで使える定番の野菜。冷蔵庫に入れる必要はなく、あまったものはキッチンの下など日陰で保存する。かなりもつ。

やがて紫色の芽がニョキニョキと出てきたり全体がシワシワの老人みたいになってきたらアウト。芽はかなりの猛毒なので注意しよう。

じゃがいもは芽の毒のせいで昔は「悪魔の植物」と呼ばれていたんだ。芽はちゃんと取り除こう!

にんじん

期限:2週間

こちらも根菜なので、比較的長持ちする。皮をむいてなければそのまま冷蔵庫にゴロンと横たえておく。カットした状態ならサランラップで巻いて保存。葉の部分は本体の栄養を吸ってしまうので切っておいたほうがいい。

「新聞紙で包むべし」という意見もあるが一人暮らしで新聞を取っている人間はもう絶滅しているはずなので、そこまではしなくていい。にんじんは傷みにくいから、適当で大丈夫だ。

保存しやすいし悪くなりにくいから、一人暮らしに向いてる食べ物だよ。

たまねぎ

期限:1か月

皮がついている状態なら、じゃがいもと同じく、日陰で保存。カットした状態ならサランラップで巻いて冷蔵庫で保存。カピカピに乾いてきたらアウトなので使わない方がいい。

たまねぎもかなり保存が効き、一人暮らしをしててだめにした経験はほとんどない。使い勝手のいい野菜だ。

たまねぎもにんじんと同じくらいいい野菜だ。みじん切りにして炒めてハンバーグに入れると甘味が出ておいしいよ!

キャベツ

期限:1週間

キャベツは危険。きわめてデンジャラスな野菜だ。上の根菜類(根っこの部分を食う野菜)と同じに見ていたら痛い目を見ることになる。キャベツのような葉っぱみたいな野菜は「葉野菜(はやさい)」というのだが、これは慎重に扱おう。

一人暮らしならキャベツは1/4にカットされたものを買うべし。1玉買っていいのはお好み焼きパーティーを開催するときぐらいだ。基本、なるべく少量で買う。余ったキャベツはもともとくるまっていたサランラップで巻いて冷蔵庫で保存。「芯を取り除け」という意見もあるが、そんなめんどくさいことはしたことがない。

キャベツはうっかり1/2サイズで買って腐らせることもよくあった。腐るととんでもない悪臭を発する。よくよく注意してほしい。

腐ったキャベツから出る茶色い汁は、生物兵器として活用できるレベルだよ。

レタス

期限:1週間

私は一人暮らし中、ほとんどレタスを買わなかった。なので、あまり詳しいことは書けない。ひとつ言えるのは、こういった大きくてかさばる野菜は小さな冷蔵庫しかない一人暮らし世帯には向かないということだ。

キャベツならスープに入れたり丼物に使ったりなど活用範囲が広いが、レタスは基本、サラダにしか使えないので、活躍する場面が少ない。

レタスは、いらない。

きゅうり

期限:4日

買ったままの状態ならポリ袋かタッパーに入れて冷蔵庫で保存。カットしてたらサランラップで巻く。使い道はそのまま輪切りにしてサラダか、浅漬けにするくらいしかない。調理が簡単なので使い切るのも容易なため、腐らせてしまう心配は低い。

しかし、きゅうりはほとんど栄養がなさそうなので、食べる意味があるのか疑問だ。

きゅうりも、いらない。

大根

期限:1週間

根菜なので割と長持ちする。サランラップで巻いて冷蔵庫で保存しよう。

買うときは半分とか1/4になってるものを買うこと。千切りにしてサラダにしたり、大根おろしにして食べると胃にやさしいので重宝する。カットしたものの場合、葉に近い上部を買うか、真ん中か、下の方かで迷うが、上の方が甘いので、大根おろしやサラダならここを買うべし。

千切りにした大根にツナをのせると絶品だ。

ほうれん草

期限:5日

サランラップで巻いて冷蔵庫で保存する。なんだかこの方法ばかりだが、基本、これでいける。

ほうれん草は1束買うとかなりワサワサしているので、サランラップできゅきゅっとしめて体積を減らすといい。

お浸しにするにはお湯でゆでてもいいが、水洗いしたあとサランラップで包んで電子レンジでチンすればそれでも大丈夫。熱いので、チンしたあとはすぐ水につけて冷まそう。

ほうれん草にはチラコイドという食欲抑制成分が含まれているため、ダイエットにもいいらしいんだ。

ピーマン

期限:2週間

水分が少ないためか、買ったときの袋のまま冷蔵庫に入れておけばだいぶ長持ちする。時間が経つとシワシワにはなってくるが、それでもしばらく食べられる。チャーハンを作るときに緑色の彩りを加えてくれる。

ピーマンの真ん中にある種のついた芯は捨てよう。気持ちわるいし、まずそうだからね。

トマト

期限:5日

あまりトマトを保存した記憶がない。好きじゃないから買わなかったというのもあるが、トマト程度のものなら1回か2回で使い切れるという理由も大きい。ちょっとずつ買って、なるべくはやく使い切る。それが一人暮らしの鉄則。

トマトはモッツァレラチーズとともに串切りにして塩コショウ、オリーブオイルをかけるとうまいよ。カプレーゼっていうイタリアのサラダだ。

もやし

期限:2日

さあ、いちばんの問題児のお目見えだ。もやしは信じられないスピードで腐る。2,3日経ってふともやしを袋を持ち上げると、すっかりわるくなって茶色い液体でベチョベチョなんてことが日常茶飯事。安いからつい買ってしまいそうになるが、その日明確に「何に使うか」を決めてないなら、手を出さない方がいい。

もやしって、なんなんだろうね。

ニラ

期限:3日

これもまあまあ傷みやすい。さらに、長い状態で売られているので一人暮らし用の小さな冷蔵庫では保存しづらい。基本的にはビニール袋にでも入れて、はやめに使い切るのがいい。

ニラは豚肉との相性抜群!

ニンニク

期限:1か月

むいた状態でもサランラップに包んでたまご置きのあたりに置いとけば、かなり長期間もつ。1か月を超えても腐ったり異臭を発したりということはなかった。皮付きの状態なら永遠にもつのではないかというくらい日持ちする。

なお、それでも1個買ってしまうと使い切るのが大変なので、たまにしか使わないならチューブ入りのニンニクを買うのが賢い。たとえばハウスの「おろし生にんにく」は1本125円で賞味期限は約1年。こういったものを活用しよう。

レトルト食品や加工食品をうまく使うのも、充実した食生活を送るコツだよ。

しょうが

期限:2週間

これも、ニンニクほどではないがかなりもつ。私は何にもいれず、そのままたまごを置く場所においていた。

しょうがもチューブ入りのものがあるので、それを利用してもいい。ただし、豚肉の生姜焼きを作る場合はやはり生のものを使い、すりおろした方が味がいい。いちばん最初にしょうがたっぷりの生姜焼きを自分で作って食べたとき、全身がホカホカと熱くなって驚いたものだ。健康にいい。

風邪をひきそうだと思ったら生姜焼きを作って食えばいい。それでいい。

総括

以上、14種類のメジャーな野菜について、その賞味期限と保存方法をご紹介した。

おおむね、使用途中の野菜はサランラップで巻いて冷蔵庫に入れておけばそれでいい。他のサイトを見ると「新聞紙を巻け」だの「野菜室で保存しろ」だのとあるが、一人暮らしで新聞は取っていないし、野菜室のある冷蔵庫などもないだろう。あまりこだわりすぎないことが重要だ。

調理加工品を活用すべし

ここからは、野菜の使い方に関するちょっとしたアドバイス。一人暮らしを始めたばかりだと、レシピ本を買ったりネットで検索したりして、ゼロから自炊をしようとしがちだ。味付けも、基本の調味料でやろうとする。

しかし、そこまで苦労する必要はない。

スーパーにいけば、便利な調理加工品が並んでいる。キャベツを加えるだけで回鍋肉ができるとか、豚肉とピーマンがあればナニナニができるとか、卵を用意するだけでかに玉ができるとか、そういった便利なものがある。クックドゥとかね。そういうのを使おう。

中華料理は自分でゼロからやろうと思うとマイナーな調味料を買わねばならず、結局、1回しか使わずにあとで捨てることになったりするので、そういう加工品を利用した方がいい。インスタントラーメンやできあいの弁当に比べれば全然マシである。

生ごみの捨て方

野菜の厄介なところは、どうしたって生ごみが発生するところだ。キャベツの芯、にんじんやじゃがいもの皮、きゅうりの両端など、必ず捨てる部分が発生する。それは、普通の家庭ごみ、燃やせるごみとして捨てよう。スーパーの袋などにまとめて、ごみ袋に入れること。

ただ、一人暮らしだとなかなかごみが出せず、ごみ袋の中で腐って異臭を放つこともある。夏場は特に。その場合は、スーパーの袋に生ごみを入れて、冷凍庫や冷蔵庫で一時保管しておくといい。常温で数日放置するのはまずい。