民泊を経営するには? 始め方の最初のステップをご紹介

もう数年前から耳にするようになった「民泊」とか「エアビー」とかいうワード。部屋を旅行者に又貸しするビジネス、というくらいは知っていても、いまいちよく分からなかったという方が多いのではないだろうか。

しかし、2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行される。これにともない、民泊は会社員にとっても魅力的な副業ビジネスとして注目されていくことだろう。

この記事では民泊を経営するにはどうしたらいいか、ざっくりと解説していく。

民泊ビジネスの魅力

民泊ビジネスの第一の魅力として、需要の増加が見込まれることがある。具体的に言えば、民泊を利用する外国人旅行者がこの先も増加していくことがほぼ確実ということである。

ここ10年ほどで外国人旅行者は3倍に増え、2020年の東京オリンピックに向けてさらに増えていく。だから、民泊ビジネスはいま激アツな状態なのだ。

最近少し下火になってきた仮想通貨ブームと比べてみると、仮想通貨は結局、投機としての面がつよく、「実際に仮想通貨に需要があるのか」という部分はかなり怪しかった。が、民泊であれば外国人旅行者、あるいは日本人の旅行者や短期滞在者がすでに利用しているので、安心感がある。

第二に、比較的初期費用が少なくて済む。つい先ごろ、シェアハウスビジネスに手を出して失敗したというニュースが話題となった。かぼちゃの馬車というシェアハウスを、ローンを組んで購入し、ついに家賃が未払いとなって自己破産の危機に瀕しているという。

不動産をまるまる購入してしまうのはとんでもないリスクだが、民泊なら賃貸ではじめることができる。敷金・礼金や室内の家具・家電などの購入でそこそこの費用はかかるが、物件の購入に比べれば圧倒的に少額ではじめられるのだ。

さらに三つ目のメリットをあげるなら、賃貸であるがゆえにすぐ撤退も可能というところ。もしうまくいかなければ賃貸を引き払ってしまえばおしまいである。

民泊解禁とはなんぞ?

「けど、民泊にはデメリットもあると聞きますぞ」

もちろん、民泊ビジネスにもデメリットはいろいろある。が、その中でも大きなものだった法律上の問題が、2018年6月の民泊解禁でかなり解消される。

これまでの民泊は旅館業法の規制を受け、はじめるためのハードルが高かった。普通の住宅ではだめで、旅館業法に定める簡易宿所としての営業が必要とされていたのだ。また、一部地域では特区民泊というかたちで規制緩和が行われていたが、それでも宿泊日数のしばりがあって、なかなか利益をあげづらかった。

なので、これまではグレーゾーンや違法な民泊がたくさん存在していた。中には逮捕者も出ている。リスクを恐れずにやれば儲けることはできたのだが、一般の会社員などではそんな強気にも出られず、なかなかまっとうなビジネス=副業としては取り組みづらかったのが実情なのだ。

が、今度の民泊解禁=住宅宿泊事業法の施行により、このハードルが崩れた。合法民泊などとも言われるが、晴れて普通のマンションや一軒家でも、法的リスクなしに民泊に乗り出すことができるようになったのである。

まずどこを見ればいい?

もし民泊ビジネスをはじめたいと思ったら、まずどうすればいいのか? いきなり不動産屋に入って「民泊用の物件を紹介してくれ」と言う? それはNG。SUUMOで民泊OKの物件を探す? それも非効率。

まだ見たことがないなら、まずは民泊サイトの最大手、【Airbnb(エアビー)】をのぞいてみよう。そこで日本の物件をいくつかチェックしてみる。と、民泊の物件がどんなものか、だいたいイメージが掴める。家賃や清掃日なども。

けれど、エアビーは基本的に宿泊者が使うサイトである。一応、サイト右上に「ホストをはじめる」という部分はあるのだが、いきなりここを見てもよくわからないはずだ。

というわけで、まずは民泊ビジネスをこれから始めたい人向けのサイトをチェックしてみることをおすすめしたい。最大手は【民泊物件.com】である。

普通の不動産屋で民泊に使える物件を探すのは一苦労だが、ここに登録されているものはすべて民泊用に使える。そういう物件だけを集めてある。家賃や初期費用、見込み収益なども掲載されており、非常に使い勝手がいい。

間取りと家賃など

間取りや家賃、期待できる収益などがわかりやすく表示される

さらに、トップページをずーっとスクロールしていくと、最下部にセミナー情報が掲載されている。完全初心者向けのものから、不動産業者向けのものまで、無料から有料まで、いろいろある。

民泊セミナー情報

おおむね開催地は高田馬場となっている。

ネットで知識を集めているとどうしても断片的になってしまうが、こういうセミナーに参加することで確実で総合的なノウハウが得られるのでおすすめだ。

まずは無料会員登録を

民泊物件.comの会員登録には2種類がある。フリーとプレミアムと。まずはフリーの、無料の方に登録してみよう。多くの物件が閲覧できたり、物件の詳細な情報が見られるようになるので便利だ。

プレムアムは月980円。こちらは非公開の物件を優先して教えてくれたり、詳細な住所が見られるようになったりする。まあ、こっちはあとあと検討すればいい。まずは無料で登録し、セミナーに参加してみて、本格的に民泊ビジネスを始めたくなったら有料に移行しよう。

民泊で稼ぐなら、最大のチャンスは2020年の東京オリンピックである。もう迷っているような時間はない。が、まだ参入する余裕はある。民泊をはじめるなら、全国解禁となるいまがチャンスだ。

民泊物件.comの無料会員登録はこちらから