ゆる〜く学ぶフォントの基本知識【サムネやアイキャッチで活躍】

フォント入門

ブログのアイキャッチ画像を作ったり、YouTube動画のサムネイルを作ったり、はたまたちらしやポスターを作ったり、そんなとき気になってくるのがフォントです。

フォントはいわば文字の表情。これ一つでガラリと印象は変わってきます。基本的な知識を抑えておきましょう。

フォントとは? 基礎知識を抑えよう

パソコンで文章を書くとき、フォント(字体)をテキトーに選んではいませんか? とりあえずポチポチとフォントを変更してみて、なんとなーく「これかな」で決めちゃってる。

あなたもそうでしょうか? 実は、かくいう私もそうでした。

しかし、フォントを工夫することでメッセージや情報の伝わりやすさは変わってきます。目を引くかどうかも変わってきます。ここは一つ、基本的なものだけでもいいから、フォントの種類と特徴を覚えておきましょう。

では、フォントを最低限使いこなすために、必須の知識を解説していきます。

ゴシック体と明朝体

まず、日本語(和文)のフォントはゴシック体と明朝体の2つに分かれます。

ゴシック体というのはこういうの。

ヒラギノ角ゴシック

ごらんのように線の太さがどこも同じ。「ドドンッ!」と目に飛び込んできてわかりやすいので、街中の看板やちらし、ネット広告のめだつ文字などはだいたいこれです。

私自身も、サムネイルやPDF資料を作るときは、見出しにゴシック体を用いることが多いです。

これとならぶのが明朝体(みんちょうたい)です。

ヒラギノ明朝

明朝体は、基本的に横線が細く、縦線がやや太いデザインになっています。トメや払いがあって、筆で書いたような見た目ですね。

長めの「読む文章」には明朝体を使うのがふつうで、教科書や書籍も明朝体で書かれています。

セリフとサンセリフ

欧文(アルファベット)にも大きく2つの系統があります。それがセリフ(serif)体とサンセリフ(sans-serif)体です。

セリフ体 サンセリフ体

セリフ体は見た通り、文字の端っこに飾り(セリフ)がついています。また、明朝体とおなじく場所によって太さも違ってきます。

装飾性が高いのでややクラシカルで格調高い、しゃれた雰囲気の文章となります。

一方、サンセリフ体はゴシック体のように飾りけがなく、どこも同じ太さにデザインされています。

シンプルだし親しみやすいし、使い方によってはこちらの方が「おしゃれ」と感じることもあるでしょう。

ちなみに「サン(sans)」というのはフランス語で「ない」という意味で、「サンセリフ」は「飾りがない」という意味になります。

毛筆体・手書き風・ユニーク

上のようなカテゴリには属さないようなフォントもいっぱいあります。

ユニークなフォント

筆と墨で書いたようなフォントや手書き風のもの、さらにはものすごくユニークな個性豊かなフォントなど。

そういうものも使っていくと、楽しくて個性的なサムネやポスターが作成できるでしょう。

等幅フォントとプロポーショナルフォント

これは欧文(アルファベット)だと特にそうですが、文字は一つひとつ幅が違いますよね。iはすごく横幅が狭いし、逆にmは広い。

iiiiiiiiii

mmmmmmmmmm

同じ10文字でもこれだけ差ができます。

等幅(とうはば)フォントというのは、この違いを無視して「1文字は1文字の幅」として表示するフォントです。

一方、プロポーショナルフォントは文字による幅を変えて、単語・文章として読みやすく調節してくれてるフォント。「MS Pゴシック」「MS P明朝」のPは、プロポーショナルフォントのPです。

有名フォントの基礎知識

では、よく目にする有名なフォントがどういったものなのか、8つ見ていきましょう。

Helvetica

Helvetica

ヘルベチカと読みます。非常にシンプルなサンセリフ体。さまざまな企業のロゴに使用されています。

細いものや太いもの、幅の狭いものや広いもの、かなりのバリエーションがあり、使い勝手抜群。アルファベットでタイトルやロゴを組むならまず候補に上がるフォントです。

Arial

Arial

エイリアル、アリアルなどと呼ばれます。サンセリフ体。Helveticaとかなり似ており、区別せず使っている方も多いのではないでしょうか。

両者のちがいとしては、Helveticaの文字の先端は断面が水平か縦になっており、Arialは斜めになっているところ。

WindowsとMacのどちらにもインストールされているので、昔からよく利用されていました。

Verdana

Verdana

ヴァーダナはマイクロソフトがコンピュータのディスプレイで見やすいものを、ということで開発されたフォントです。1996年以来、世界中で使用されてきました。サンセリフ体。

メイリオ

メイリオ

Windows Vista日本語版のシステム用フォントとして開発されたフォント。Verdanaを元にデザインされています。「なぜこのフォントはカタカナ名なんだろう?」と疑問でしたが、もともと日本語のために作られたからなんですね。

しかも、名前の由来は「明瞭」で、アルファベットで書くと「Meiryo」です。

なお、macOSには残念ながらデフォルトでは入っておりません。

Impact

Impact

その名の通り、インパクトのあるぶっといフォントです。

文字の横幅が太く、字間も詰まっているので、男らしさ・力強さを表現したいときに使えます。

ヒラギノ

ヒラギノ

SCREENホールディングス(旧・大日本スクリーン製造)が開発したフォント。ヒラギノ角ゴ、ヒラギノ丸ゴ、ヒラギノ明朝など一通りそろっていてどんなシチュエーションでも使いやすい。

私は現在のところ、動画で使う資料の見出しを「ヒラギノ角ゴ」、やや小さな文字を「ヒラギノ丸ゴ」にすることが多いです。

ヒラギノという名称の由来は、京都市北区の鴨川左岸にある地名、柊野(ひらぎの)だとのこと。

MSゴシック・MS明朝

MSゴシックとMS明朝

日本語Windowsの標準搭載フォントで、開発したのはリコー。むかしのパソコンのディスプレイでもきれいに表示させるために工夫されたフォントです。

游書体

游書体

読み方は「ゆうしょたい」でオーケー。游明朝や游ゴシックなどがあります。

最初に開発された游明朝は、ヒラギノ明朝に比べて「時代小説が組めるような明朝体」をテーマとして、字游工房という会社が作りました。

游書体はどれもカッチリとしたフォーマルな印象です。游教科書体は学校のプリントなどを作るのによさそうです。

フォントはどこで手に入る?

フォントは開発者のホームページからダウンロードして、自分のパソコンに入れることができます。

欲しいフォント名でGoogle検索してもいいですし、もしくはフォントを集めたサイトもありますので、活用してみてください。

FONT FREE|無料で使える!日本語フリーフォント投稿サイト

こちらは書体ごとにたくさんのフリーフォントが分類して掲載されているサイト。かなり使い勝手がいいです。