ここが違った! NULLとMONOVOの除毛クリーム、両腕で試した結果

自宅で手軽にできるムダ毛処理といえば除毛クリームだ。剃るよりも負担が少なく、脱毛サロンよりずっと安く、ブラジリアンワックスみたいに痛くない。あらゆる面から見て優れたムダ毛処理方法だ。

今回、除毛クリームとして有名なNULLとMONOVOのヘアリムーバークリームを左右の腕毛に使ってみた。その比較を豊富な画像付きでご紹介しよう。

NULLとMONOVOの比較

私が気になっていたのはこの腕毛。たびたび人に指摘されることもあり、いつかどうにかしてやりたいと思っていた。

そこで使おうと思ったのが除毛クリーム、あるいはヘアーリムーバークリームというものだ。これなら自宅て手軽に、3,000円くらいで処理できる。痛みもない。かなり理想的なアイテムである。

で、どれにしようかと考え、調べ、迷った末にたどりついたのがNULLとMONOVO。どちらも通販でかなり売れているらしく評判もいい。両者の基礎情報をまとめておこう。

  NULL MONOVO
有効成分 チオグリコール酸カルシウム
内容量 200g 140g
保湿成分 アロエエキス ノバラエキス
ヒキオコシエキス
モモ葉エキスなど
抑毛成分 なし 大豆エキス
甘茶エキス
ヒオウギエキス
値段(税抜) 2,698円 2,980円

どちらも有効成分は同じ医薬部外品だ。そこまで大きな差はなさそうだと思った。違いは内容量と保湿・抑毛成分、それから若干の値段の差。

全体的にNULLよりMONOVOの方がややスペックが高く、そのぶん値段も少し上である。

両方を注文

今回、やや割高とはなるが、NULLとMONOVOを単品で1本ずつ購入してみた。迷うくらいなら最初にどっちも体験してみて、定期購入やまとめ買いはそれから検討すればいいと思ったからだ。

どちらの商品も公式サイトで注文したら翌日くらいに発送され、NULLは注文から2日後、MONOVOは4日後くらいに届いた。非常に迅速である。

なお、NULLは「雑貨」として届き、MONOVOは「サプリメント」として届いた

「サプリメントが届いております」と言われたときは「え、そんなの頼んだっけ?」と困惑してしまったが、家族と住んでいる人にとっては除毛クリームだとばれないからありがたいのだろう。

NULLの購入はここから MONOVOの購入はここから

左腕にNULL除毛クリームを使ってみた

まず、NULLのヘアリムーバークリームから。箱の外観からは除毛クリームとはまったくわからない。

880円を追加してヘラとスポンジも購入してみた。こんな感じで入っている。スポンジは5枚入り、開けるとぶわっと膨らむ。ヘラはバリもなく肌にやさしい感じだ。

問題の腕がこちら。毛の量が多く、太く、長い。基本、色白なので余計に黒い毛がめだつ。手の甲や指にも生えている。

少々お見苦しいが、このようにクリームを塗りたくる。裏側や手の指、肘のあたりにも忘れずに。

ここで注目ポイント! NULLのリムーバークリームはにおいがあんまりキツくない

実は数年前にドラッグストアで購入した市販の除毛クリームを使ったことがあるのだが、それはニオイがかなりやばかった。鼻にツンとくるにおいで、とてもじゃないが定期的に使用する気にはなれなかったのだ。

だが、NULLのクリームはニオイがきつくない。これならちょいちょい使用するにも苦にはならなそうである。

5、6分すると、ムダ毛がなんだかふにゃふにゃと波打ってきて、あきらかに見た目が変化。有効成分の効果で毛が溶けているようだ。

私の場合けっこう剛毛なので、14分ほど放置してみた。さすがに10分を過ぎると皮膚がややヒリヒリしてくるので注意が必要だが、マックス15分ほどはそのままでも大丈夫らしい。

で、こすってみると見事に毛がズリッと除去!

ティッシュでこすってみると、やわらかくなった毛が取れてダマとなった。

皮膚へのダメージはというと、一箇所だけ蚊に刺されたように赤くなってしまった部分がある。やはり、まったくのノーダメージというわけにはいかないようだ。そこそこ長い時間放置したせいかもしれない。

最終的に洗ってみると、こんな感じ。

目立つ毛はなくなり、つるっとした肌へと返信。若干ポツポツと残っている部分はあるが、これは初回でやり方が下手だったせいもあろう。もっとたくさんクリームを塗った方がよかったのかもしれない。

NULLを使った感想

まず優れていると思った点はニオイの少なさである。市販品だとかなりひどいニオイだったが、NULLは控えめで爽やかな香り。ニオイには敏感で弱い自分でも、十分耐えられた。

また、除毛効果は十分で、これならどんな剛毛でも処理できるだろう。

右腕にMONOVO除毛クリームを使ってみた

お次はMONOVOだ。これで右腕の毛をやっつけてみた。

こちらはヘラやスポンジなどは付属していない。が、先ほどのNULLのヘラとスポンジがあるので、それを流用することにした。箱の中身はシンプルで冊子2つとハガキ、それから本体のみ。

クリーム自体は140gなので、200gのNULLと比べると小ぶりである。

さあ、こちらが右腕。左と同じく剛毛が繁茂している。こうして画像として見るとけっこうヤバいなと再認識されられる。

さきほどの反省を踏まえ、今度は惜しみなく思いっきりクリームを出してみた。MONOVOはNULLよりもさらにニオイが控えめで使いやすい。

存分に塗る。実は、先ほどのNULLは手のひらで塗ったのだが、今度はヘラを使ってみた。なんとなくケーキ作りをしているようで楽しい。さらに、クリームに厚みを持たせやすいのもいい。

同じく14分ほど放置。ここからの工程や変化はもうNULLとまったく同じなので、とくに言うことはない。

最後、ヘラでざっと毛とクリームを取り除いてティッシュでふいて、洗面台で腕を洗う。と、この通り。2回目なのもあってか、さっきよりきれいな仕上がりとなった。

MONOVOを使った感想

NULLと連続して使ってみたわけだが、もうほとんど効果は同じである。有効成分が同じわけだから、やはりそこまで大きな差はない。

剛毛だった右腕もすっきり除毛されて、いい感じの仕上がりとなった。

が、少し経ってから気づいた違いもある。それは……

違いはここだ! NULLとMONOVOを使ってみて

NULLとMONOVO、除毛の効果はほぼ同じだ。しかし、あとあと両腕を見比べてみたら、肌へのダメージが、目に見えて違ったのだ。

画像だとうまく違いが見えなかったのでここには載せないが、MONOVOを使った右腕はきれいなもので、NULLを使った左腕は毛穴が一部、ポツポツと赤くなっていた。若干のかゆみもあった。

使用したクリームの量は右腕のMONOVOの方がだいぶ多かったはずだし、放置した時間はどちらも14分。なのに、NULLの方が肌へのダメージがやや大きかった

さらに、ニオイもMONOVOの方がマイルド。これも小さいようで大きな違いだ。

勝利はどちら? NULL vs MONOVOの結末

結果として、NULLとMONOVOの対決は、MONOVOの勝利!

比べなければ別にNULLでも十分満足しただろうが、両腕で試してみたことで、その違いがはっきり認識できてしまったという形である。

少々MONOVOの方が高いが数百円の違いだし、さらにMONOVOは抑毛成分まで入っているわけなので、私はこちらを選ぶ。

MONOVOのお買い得情報

では、MONOVOはどこで販売されており、それぞれいくらなのか? 表で見ていただこう。いずれも単品の場合である。

Amazon 3,218円
楽天 3,218円
ドラッグストアなど市販 なし
MONOVO公式サイト 3,218円

というわけで、単品ならどこで買っても値段は同じ。だが、発送の迅速さや「雑貨」として送ってくれる心配りなど、やはり公式サイトから買うといろんな面で安心だ。

さらに、定期コースやまとめ買いで買うと1本あたり余裕で3,000円以下になるので、継続して使いたい場合は公式サイトがもっともお得である。

NULLとMONOVOのQ&A

NULLとMONOVOの除毛クリームについて、上でお伝えしきれなかったポイントをQ&A形式でお伝えしよう。

(名前)
NULLとMONOVOって、どこに使えてどこに使えないの?
(名前)
使える箇所・使えない箇所はどちらも同じだ。顔と局部には使えない。肌への刺激があるから、デリケートな場所への使用は控えた方がいい。

腕・足・胸・お腹・背中にはどちらも問題なく使える。

(名前)
NULLのヘラとスポンジって必須なの?
(名前)
買ってみてわかったが、必須ではない。ヘラはあると便利だが、別になくてもいい気がする。手で塗れるし。スポンジに関しては利用価値がよくわからなかった。

880円を出して買ったわけだが、よくよく考えるとヘラとスポンジで880円はちょっと高いので、これから買う人はなしでもいいと思う。

(名前)
クリームはたっぷり塗る必要があるって本当?
(名前)
説明書かどこかに「クリームはたっぷり塗るべし」と書いてあった。最初これを読んだとき、「たくさん使わせてたくさん買わせるつもりだろ」と思ったが、実際、塗る量は重要だ。保湿クリームみたいなつもりでうっすら塗るだけだとかなり半端な除毛効果しか得られないだろう。

なので、NULLにしろMONOVOにしろ、特に初回は肌を白くコーティングするようなつもりでたっぷり塗った方がいい。

ちなみに、腕だけでもけっこうな量を消費したので、足や胸もいっしょにやろうとしている人は3本くらいまとめ買いするのがおすすめだ。

(名前)
使ってみて失敗したことは?
(名前)
まず、事前にシャワーを浴びるなどして清潔にしていなかったところ。よく腕を洗って乾かしてから使用したら、もっといい仕上がりになったかもしれない。横着をしてしまった。

また、お風呂に入っておくと毛穴が開いて浸透力がアップし、もっといいらしい。次回はこうしたいと思っている。

これから使う人はちゃんと付属の冊子で使い方を確認すべし。

まとめ

NULLとMONOVOという代表的な除毛クリームを両方買って、両腕で試してみた。効果は同じだったが、ニオイのマイルドさと肌への刺激の少なさ、抑毛成分配合という3つのポイントでMONOVOの方がいいという結果に。

もちろん個人差もあるだろうし、「効果が同じなら量が多くて安いNULLの方がいい」という方もいるだろう。そこは何を重視するかという違いになってくる。

いずれにせよ、NULLもMONOVOも除毛の効果が抜群で、届いたその日にムダ毛のないつるんとした肌を手にいれることができる。手軽にすばやくムダ毛を何とかしたいという人にとってはこれ以上ないアイテムだと言えるだろう。

MONOVOの購入はこちらから