YouTubeの企業案件、報酬は1件おいくら? 好きなことで、荒稼ぎ!

大量の一万円札

YouTuberが、「小学4年生男子の将来の夢」の第3位となった。今や、YouTuberはだれもが知る職業であり、子供たちの憧れでもある。ヒカキンやはじめしゃちょーを筆頭に、最近ではヒカルやおるたなチャンネルといった綺羅星のごときスターが現れ、多額の収入を得ている。

基本的に、YouTuberの収入源は広告である。YouTubeの動画を再生したときに流れる広告により、YouTuberに報酬が支払われるのだ。この報酬単価に関しては、1再生で0.1円くらいだとか、いやいやもっと全然低いだとかいろいろ言われているが、明確なことは分からない。

それより、今回テーマとしたいのはいわゆる企業案件というものである。

チャンネル登録者数がある程度多いYouTuberの場合、YouTubeからの広告収入に加えて、企業の商品・サービスを動画で紹介することにより、直接報酬を得るという方法がある。これが企業案件、もしくは単に「案件」と呼ばれるものだ。これがバカにならない金額らしい。はたしてどの動画が企業案件なのか、いったいギャラはいくらもらえるのか、調べてみた。

企業案件には「提供元」が書かれている

まず、どの動画が企業案件であり、そうでないのかは、動画下にある説明文を見ればわかる。たとえば、ベテランYouTuberのMEGWINのこの動画。

説明文を見ると、「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社の提供で制作された動画です」とはっきり書かれている。他にも、動画だけ見ていると気づきにくいものもあるが、説明文を見れば一目瞭然だ。

ただし、中には企業案件かそうでないのか、区別がつきにくいものもあるが……それについては後述しよう。

企業案件の報酬額は登録者数×1.5

さて、気になる企業案件の報酬だが、これはなかなかはっきりした数字がわからない。もちろん、チャンネル登録者数の少ないYouTuberならそもそも企業案件の声はかからないだろうし、多ければ多いほど、ギャラの値段は高くなるはずだ。まさにピンキリであろう。また、報酬額を公表する企業もYouTuberもほぼいないから、なかなかうかがい知れない。

そんな中、シバターがこんな動画を出している。

なんとも明解! 企業案件1つの報酬相場は、チャンネル登録者数×1.5

この頃のシバターの登録者数は26万人。とすると、報酬額は40万円となる。

最近、月収が4000万円あると暴露したヒカルは登録者数200万ほどなので、1本の企業案件で300万。この頃は月に10本前後の企業案件らしき動画を出しているのを見ると、シバターの暴露した相場は妥当に思える。

1本の動画で300万円の報酬。非常に魅力的だ。ただ、チャンネル登録者数200万というのは途方もない数字だし、普通は1万人でも……いや、数千人でさえ難しいのだから、限られた勝者の特権としては妥当なところかもしれない。

補足
ちなみに、YouTube企業案件の相場価格というのも日々変わっており、現在はチャンネル登録者数というよりも動画の視聴回数が重視されてきているようだ。たしかに、登録者は多くても実質的には見てないというケースもあるので、この方が報酬の目安としては妥当かも。

それでも、おおよそ「チャンネル登録者数の1.5倍」という公式は目安にはなるだろう。

では、現在日本のYouTuberのトップ、はじめしゃちょーを例に採ってみよう。その登録者数は圧巻の520万!! そのはじめしゃちょーも時折企業案件の動画を作っている。例えばこれ。

もはや宣伝する必要もない気がするが、SNOWの提供動画があった。

もしシバターの出した概算式が正しいとするなら、はじめしゃちょーのこの動画での報酬は520万×1.5で……780万円! す、すごすぎる!

動画公開が2017年3月17日、そして現在7月12日、で再生回数が380万回。これだけ宣伝できれば780万の価値はあるということだろうか。アプリの収益構造とか広告費の知識がまったくないので、妥当な値段なのかどうかもよく分からない。

何にせよ、大物になればなるほど、企業案件での報酬アップはすさまじいものがあるようだ。

企業案件とステマの違い

先ほど、企業案件かどうか区別が付きづらいものがあると書いた。その筆頭が、ヒカルのギャンブル系動画だ。これまでヒカルは宝くじ、競艇、競馬といったギャンブルを動画にしており、相当な額を使っている。

何らかのガジェットやお菓子、あるいは出会い系サービスやゲームアプリなら企業案件であるのは明白だ。だが、このギャンブル系に関してはよく分からない。

宝くじ

こちらはドリームジャンボを100万円買ってみたという動画。

抽選の様子は動画収録されていないし、宝くじの運営側の人はまったく出てきていないので、どうやら企業案件ではないようだ。

ボートレース

次はボートレース。動画を見ると一般の観客席ではなく、スタッフ用のような場所にいるように見えるが、提供元は書かれていない。

しかし、他のボートレースの動画を見たら、しっかり「提供 一般財団法人 BOATRACE振興会」と書かれていた。報酬の出ている動画のようだ。

ただし、多数あるヒカルのボートレース関連の動画をチェックすると、提供が書かれているものと書かれていないものが混在している。一部が企業案件で、そうでないものもあるのか? それとも、書き忘れているものもあるのか? このあたりははっきりしない。

競馬

さらに驚き、競馬に1440万円をかけてみたという動画。

結果、この勝負には負けて、なんと馬券はすべて紙切れになっている。こちらでも、動画の説明欄には提供元としてJRAなどの文字は書かれていない。シバターはこれが「企業案件じゃないか?」とある動画で語っていたが、まあ、レースの映像は映せていないし、もし企業案件ならちゃんとレース場にいって観戦するはずなので、これも違うようだ。

よくよく説明文をチェックしたり、少し考えれば企業案件かどうかはだいたい区別がつく。だが、微妙なラインのものもあるし、意識して見なければスポンサーがいるかどうかは分からないだろう。ステマか否かの判断はなかなか難しい。

まとめ

ヒカルのギャンブル系動画に関しては、ボートレースのみが企業案件で、他、宝くじと競馬は違うようだ。そもそもレース場に実際に赴き、スタッフらしき人物まで映っているボートレースと、レース風景さえ映せていない競馬ではまるで違う。

ともあれ、YouTuberは魅力的な仕事である。チャンネル登録者数何十万とか何百万というのは難しいにしても、今後、もう少し規模の小さな会社が、視聴者の属性がしぼられた中規模のチャンネルに宣伝を依頼するなんてことも増えるかもしれない。最近ではYouTubeの広告収入が下がってるなんて話もあるが、むしろ企業サイドはYouTubeの宣伝をどんどん利用するようになっているから、これを利用しない手はない。

ちなみに、企業案件は何も受け身で声がかかるのを待つばかりではなく、自分で探すことも可能だ。興味のあるYouTuberの方、YouTuber志望の方は、こちらをチェックしてみるといい。